サプリメントはあくまで栄養補助食品

サプリメントであなたの生活がきらめくためのその4。

サプリメントで一番多い勘違いがあります。
それは「サプリメントは食事の代わりにはならない」ということ。

サプリメントを朝、昼、夜の一食分として扱う人がいます。
これは大きな間違いです。
サプリメントはあくまで栄養素を補助するもの。
栄養補助食品と言われているのはそのためです。

食事よりサプリメントの方がピンポイントに栄養素を摂取できるイメージがあると思います。
しかし、体内に自然に浸透し、高い効果を得れるのは食事に適うものはありません。
人間が生きるためのエネルギー源にはならないという意味になります。

栄養を摂取するということは、バランスが良い食事がベストです。
そこで不足した栄養素をサプリメントで補うというのが更にベストだと言えるでしょう。

バランスが良い食事とは、厚生労働省が推奨している1日30品目の食品を食べるということ。
これを実践している人というのはほとんどいませんし、けっこうな労力です。
だからこそ、サプリメントを摂取することが”更にベスト”だと言えます。

栄養摂取の軸はあくまで食事。
それを補助するものがサプリメントという意識を持って有効活用してみてください。